知っておくと便利な施工管理の求人情報

施工管理に携わる仕事に就くには、施工管理技士という国家資格取得が必要です。施工管理技士は技術検定に合格することで取得できますが、受験するには実務経験が必須となるので、現場で働かなくてはいけません。また、一言に施工管理技士といっても、携わる工程によって資格が分かれているため、取得する資格も異なります。また各資格には、一級と二級と資格があります。施工管理の求人を探すにあたり、まずはこれらのこと把握した上で、資格取得を目指しましょう。資格を取得したら、やっと求人検索です。求人情報を知りたければ、一番はインターネット検索だと思います。施工管理の求人とキーワードを入れれば、たくさんのサイトがヒットします。その中で、自分の資格を生かせられるところを探すといいでしょう。

施工管理の求人に求められる能力や適性

施工管理の求人仕事に就くにあたり、向いている人とはどんな人でしょうか。施工管理業務では、職人たちを取りまとめたり、クライアントとの打ち合わせをしたりと多くの人と関わるため、コミュニケーション能力は必須です。相手の要望を的確に把握して、自分の意見を伝える能力が必要不可欠です。他にも指揮をとるにあたりリーダーシップのある人、計画に沿って進めていくために計画性のある人、トラブルを防ぐためにも危機管理能力のある人といったように、たくさんのマネジメント能力が必要です。また施工管理の仕事は会社の利益や損失と直結します。関係者の対応以外にも、上長へ報連相を行うなどの臨機応変な対応も必要です。施工の計画から現場の作業まで、トータルの管理を任せられているからこそ、求められる能力は高くなるのです。

施工管理の仕事のやりがいとメリット

施工管理の仕事に就くことにより発生するメリットは、安定していることです。建築の仕事は新規だけでなく、老朽化した建物の建て替えなどの仕事もあり、建築そのものの需要がなくなるということはまずないでしょう。そのため施工管理の需要も安定して募集があるため、仕事がなくなるといった心配をしなくてすみます。また施工管理者の給料は、建築業界の中では高給料に分類されます。建築業務に置ける重要度と責任の重さから高給料が保証されています。最大級のものづくりとして建築を行うことで、完成したときの達成感は素晴らしいでしょう。作業工程の中で一つ一つの成果もわかりやすいので、成果に応じた報酬が出ることも魅力のひとつです。求人では経験者や資格保有者が優遇されますが、未経験でもキャリアアップを目指し、挑戦するのもいいでしょう。