施工管理の求人情報の比較の仕方

施工管理の仕事といえば、建築現場において工程や安全、品質を管理することです。いわゆる建築における現場監督となりますが、施工管理の仕事をするには施工管理技士の国家資格が必要です。土木、建築、管工事など種類もいろいろあります。一般建設業の専任技術者としてなら2級、建築現場で監督管理を行うなら1級の取得を必要とします。資格を持っていることで出世や転職にも活かすことができおすすめです。建設業界は昨今景気が上向きである一方、施工管理技士のなり手が不足気味であること、また施工管理技士の離職率が高いことから高齢化が進んでおり、建設業界をあげて若者が定着できるよう施策が考えられています。求人条件も上向き傾向で、給与だけでなく、そのほかの待遇面までしっかりと比較してできるだけ待遇のよい会社を選びましょう。

施工管理の求人からいい条件を探してみましょう

施工管理の求人を探すなら、まず建築や土木関連に特化したサイトでインターネット検索してみましょう。資格を持っていることが大前提で、受験資格としてある程度の実務経験が必要となるため、施工管理技士を目指して建築業界へ足を踏み入れてみましょう。経験と資格の面がクリアできれば施工管理の求人はたくさん出ている為、求める条件をしっかりと定めてから探しましょう。施工管理技士の市場価値は高めです。給与条件は同年代の平均年収よりも少し高めから探すのがよいです。優良な会社を見分けるには、福利厚生や休日は安定しているか、サービス残業はないかといった点まで気にしてみましょう。正社員だけを探すのではなく、自分の要望に合った就職先を紹介してくれる派遣社員も高給を受け取りやすい仕組みのためねらい目です。

施工管理技士としてキャリアアップできる求人を探す

施工管理技士2級を持っていてある程度の実務経験がある方はぜひ1級取得を目指してみませんか。1級施工管理技士になれば選択肢は増え、キャリアアップはもちろんのこと、監理技術者や労働安全コンサルタントなどの資格取得権利も得る事ができ、さらなる挑戦ができます。いろんな職種の施工方法に携われることから独立も可能です。また、1級資格を持っていれば、60歳以降の働き方が大きく違います。資格と経験が重宝され、長く現場で重宝されることから年収を落とすことなく働き続けられます。建築業界で長く生き残るためのキャリアアップです。今の仕事に満足していないなら、数ある求人の中から施工管理技士としてキャリアアップできるような働きやすい転職先を見つけ、積極的に実務経験を積み、将来に備えましょう。